www.fushigiya.com

fushigiya architect office

DSC02335.JPG八戸前沖の指定海域から陸地を見た風景。手を伸ばせば今にも届きそうな近さを感じますが、実は約10kmは離れているとのこと。海のスケール感に改めて驚かされました。

鯖の駅

DSC02428.JPG

北緯40度30分

海域指定エリアで獲られたものしか命名されない「八戸前沖サバ」DSC02331.JPG GPSの示す数値は奇跡的なジャスト!
とてつもないロマンを感じさせる響きだと感じた。

単に「お店を作る」という一般的スムーズさとは
全くかけ離れたアプローチがしてみたいと思い
まずは「北緯40度30分」に行ってみようと思った。

いろいろ考えるのはそれからでもいいだろうと
相手が海だからか、大きな気分が寄せて来ている気がした。

DSC02400.JPG

八戸の店

 今やどこに行っても大手チェーン系の居酒屋があり、お店は立派な作りでスタッフの応対も標準化されています。しかも、そういうサービスに客側も慣れてきているので「地元のお店」は一見苦戦を強いられているかのように映ります。
「癖の強すぎない田舎度」を人との関わり合いから探してみることに。

DSC02410.JPG

巻き網漁船

 真っ先に「体当たり」を試みたのは造船所。すると偶然にも巻き網漁船の船長さんと知り合い、いろいろな話とともに「使わない部品なら、タダでくれてやる」という願ってもないステキな事態に。
 ” ボール・ローラー” という部分をカウンターの上にディスプレイとして使ってみることにしました。

DSC02446.JPG

素材を探す

 ”海パーツ”はいいものが手に入りかけていたので、今度は建築材の番。「ひなびた浜小屋」のイメージに偏りすぎると「おんぼろ」になってしまいかねないので、リッチなものも必要です。
 今回は本物の「ヴェネチアンモザイクタイル」と「使用済み足場板」のコントラストで勝負です。

DSC02427.JPG

ボールローラー

 巻き網漁船は左右一対になって網を流し、この機械を使って巻き上げるそうです。タイヤのようなゴムの部分が微妙に傾いていて網が絡まない仕組みになっているそうです。
 プロの使う「道具」の美しさは異彩を放っていて、工業製品としての機能美が木質系のお店に緊張感を与えています。

DSC02420.JPG

陸の風景

 連結できる座敷の壁面は最初からこれに決めていました。「海から見た陸の風景」です。お店のカウンターは漁船の手摺部分と考え、客は海の側にいて、サバの気持ちになって食事を頂く・・という発想です。なので主は「船長」なのです。
撮ってきた写真を見せて、2度ほど作り直させて今の姿があります。

DSC02492.JPG

足場板

 建築工事ではお馴染みの足場板。朽ちた感じはこの上ない良い表情をしています。新品よりも「過ごした時間」のある物を美術館のショーケースに納めるように、地場の杉の柱で挟み込みました。もちろん一旦しっかりと洗浄して、無公害水性塗料で仕上げてあるので安心です。一枚一枚の配置まで気を遣いました。

設計の裏話

■以前から「サバの専門店を持ちたい」との話があり、気の向かないテナントの時など全く手を付けないで時間が過ぎるのを待っていたりしたことも、今では笑い話になりました。なかなか恐ろしい事をしていたものです。しかし、それほど街中に新規の料理店を出すということの勝算は難しいものだと感じていました。

「みろく横町」は希に見る成功を納めている現象です。これにあやかって、隣のビルが擬似的に横町通路を設けて一階の通りを良くしてみようという発想でテナントが募集されました。
                   「これなら行ける」
 チェーン店には真似の出来ない店作りの発想が必要とされました。今風のパーツの組合せではなく、もっとドロくさくて、地に足の着いた馬力が必要です。
結果、発想の原点に帰り、設計者自らが八戸の各所に体当たりで向かい合ってみる事で迫力を求めました。
 多くの人たちと関わり合いを持ち、協力を得て「手あか」を飾ることが出来れば、いやおうなしに面白さは滲み出てくるはずだと信じて。

img03ea460b4f08e4a01bfdf.png

Detail

吹きガラス

DSC02449.JPG お店の中は「海」という設定ですからアルミサッシは合いません。今回ビル側のアイデアで「通り抜け路地」が作られたので、その通路に面した表情が必要です。
「店の様子がわかって客が覗かれない」
市内で活躍されているガラス工芸家の石橋忠三郎さんに製作を依頼しました。
ロマンチックな色合いと暖かさが素敵な仕上がりです。

お清め砂

saba9.tiff この砂は蕪島、白浜、種差の3カ所の砂をブレンドしてあります。ご商売の方はご存じでしょうが、いわゆる「盛り塩」の砂バージョンです。ディスプレイの土台に使ってもよし。記念に持ち帰ってしてよし。
工務店の二代目殿と一緒に掘ってきました。

フィルム・ディスプレイ

DSC02477.JPG35㎜のネガ(ポジ)フィルムを挟み込めるように入り口のドアや脇に作り込みました。お店の方は忘れているようですが・・。

 旅の記念などに感謝を込めて送られてきたとしたら、それは立派な物語です。八戸への旅の思い出が永く残っていることを願って、小さなタイムマシンを用意してみました。

透過ディスプレイ

DSC02454.JPG テレビは存在感がありすぎるのと、一面性がネックです。
 お店の中では注視してみる事よりも風景の代わりになっていることが大事です。特殊なフィルムに投影しているのですが、そもそも「サバの漁場を流したい」との思いでしたが、えんぶりや八戸三社大祭などの季節行事にも威力を発揮しています。

うみねこオブジェ

DSC02498.JPG 通路突きあたりの上にある額装は昨年度の八戸三社大祭の最優秀賞に輝いた「吹上山車組」によるもの。蕪島を背に天然記念物のウミネコとサバが元気よく舞っている場面。
 一躍有名になった「八戸ばくだん」の落とし主でもありマス(^^;)

南部菱差し

DSC02457.JPG 5枚の伝統工芸品「南部菱差し」を額装に納めて、VIPルームの壁に設置しています。色合いと不思議なパターンに魅せられて、ついつい目を奪われてしまいます。額装の専門店「彩画堂」さんの協力によって美しい表情に仕上がっています。

鯖の駅

青森県八戸市六日町12 大松ビル1F
phone/0178-24-3839

LinkIcon鯖の駅オフィシャルHPへ