www.fushigiya.com

fushigiya architect office

milk_bg_GR.jpg

MEDICAL ground


 ■私たちの仕事は、聞くこと・感じたことヲ織り交ぜて・造ることです

 基本的な条件があり、合理的な動線や細部の機能性は計画の主たる部分です。
 また、患者側の立場からの目線や感じられ方などの曖昧なものに
 営業面の大事な部分が含まれていることも忘れてはなりません。

 細部が支える心遣い

 形状や色、材質・環境といった論理的な結果がもたらすものと
 安堵や誠意、希望といった人の心そのものと共存する要素・・。

 小さくて見えにくいものものを組み上げて、やっと「かたち」となるのです

Photo-Gallery

近年の作例の紹介です

岡三沢診療所

misawa

_MG_0057.jpg_MG_0153.jpg_MG_0496.jpgIMG_1133.jpg


なだらかな岡斜面はそのまま道路を挟んで、隣の小学校に続いています。
校庭の並木が借景として、とてもアリガタイ。

「切ない気分で待っているときに、ほんのちょっと太陽の光が差し込めば
どんなに気分がすぐれるだろう」

「治す」ことが求められている医療と「治る」環境を求められるデザイン。

元々のなだらかな草むらの起伏はそのままにしてバリアフリーと水はけを。
明るい玄関、中待合の天窓、小学校のきれいな校庭を望む低い窓。

じめじめじない、光が入る、風通しが良い・・健康そのものの建物です。

岡三沢薬局

misawa

     soon

_MG_0283.jpg

あしはらデンタルクリニック

misawa


閑静な住宅地の中に、ひときわ白く清潔感溢れる小さな歯科医院。外観は「積み木」のイメージです。

ナチュラルウッドとベージュピンクを基本色として、小さく「積み木色」を入れています。

子供や車いすに配慮した「スローなイメージ」を織り交ぜて優しい印象を与えることに繋げています。


いしおかデンタルクリニック

mikkamachi


”まばゆい光に包まれて、みずみずしい”
・・すでに医療空間を形容する言葉ではありません

市内中心部のビルの中にあり、外観は見えません。ブライダルでも通用しそうな白さと輝きを診療空間のアイコンにしようと考えました。

”メタル・シャンデリアの輝き”
ここでは、空気清浄機代わりなのです。

八戸マナクリニック

13nichimachi


厳格な動線計画を求められる一方で、優しく包み込んでくれるイメージは手を組みました。

目に見えるもの、手に触れるものの形をとことん見直して「ゆるいリラックス」を求めています。

誰にも悩みはつきもの。
気軽に相談して、元気な自分を見つけて下さい。


根城歯科クリニック

nejou


暖かい・上質・モダン

冷たいはずのステンレス外装はまるで絹のように
綺麗なプライベートチェアは一人一人を柔らかく
ほのかに包み込んでいます。

天然の木肌そのままに・・透き通る高い質感上質で柔らかな光をうまく表現しようとしました

しんどう歯科医院

naganawashiro


ボルドーブラウンを基調とした落ち着き感とサテンオレンジの組み合わせによって、現代的な渋カッコいい仕上がりになっています。

診療機能性の向上がメインテーマ。待合のイメージはスケッチなどで検討・共有しました。施工期間5日という短期間にもかかわらず見事な仕上がり!


斉藤ウィメンズクリニック

ruike


多くの人が訪れるからさまざまな場面を想定して
たくさんの形でお出迎え・・手のひらの温もりと同じ温度で待合いの柔らかさや心地よさを考えました

ひとりひとりの思い出に変わるまでの少しの時間を大切にイメージして生まれた・・・垣根のない健康空間です


岩淵矯正歯科クリニック

shirogane


エレベーターで降りると・・そこはもう別世界!

シティホテルの快適性そのままのコントラストの効いた色使いやボーンチャイナのスタンドの明かり。

コーヒーでも出てきそうなリラックスした空間。
オレンジとローストブラウンが効いた、ちょっとお洒落な歯科医院です。


Y'Sデンタルクリニック

misawa


外科医院の中に併設された歯科医院です。

内部だけの改修ですが、手頃な狭さ?がかえって気楽な印象となっていて「自分の家のような感じ」とはまさにこのこと。

シャンパンベージュのボーダーラインを壁面へのアクセントとして、間接光が包み込んでエレガンスな仕上がりとなっています。

村井内科クリニック

fukiage


”外観から内部までのディレクション "

北側の入口になっているので・・影がなるべく落ちないよう、明るく感じられるように" 安堵型" よりも" ハイカラ型" を選びました。

全体が甘くなり過ぎないように建物上部を金属系のテクスチャーで引き締めています。